低金利のメリットを知ろう

支払総額を圧縮できるのでお得


カードローンは低金利であるほど、支払総額を少なく抑えることができます。高金利でも毎月の返済額を最小限にすれば楽になりますが、一時的に楽をしているにすぎません。返済額を減らすほど返済期間は延びる仕組みになっており、結果として多くの利息を支払うことになります。カードローンの利息は1ヶ月・1年などと定期的に加算されるものではなく、1日単位で加算されています。低金利ローンなら総支払額が減るため、返済期間を抑える上でも役立つわけです。給料日まで1万円だけ借りて、給料日に一括返済するような借り方なら金利の大小はそれほど影響しませんが、借入期間が数ヵ月~数年単位になるようなら1%でも低金利で借りましょう。低金利には絶大なメリットがありますが、逆にデメリットは皆無なのです。

image

スムーズに借入残高が減っていく


毎月遅れずに返済しているのに、ほとんど元金が減らないという方がいます。例えば5万円を返済すれば借金が5万円減ったように錯覚しますが、利息で相殺されるので実際は3万円しか減っていなかったりします。高金利のカードローンを使用していると、コツコツと返済しても元金がなかなか減りません。減らすためには毎月の返済額を増やす、繰り上げ返済をするなどの対策が必要になります。
低金利のカードローンだと利息が小さくなるので、スムーズに借金が減っていくメリットがあります。利息は借入残高に対して発生するので、元金が減れば減るほど利息はさらに少なくなる仕組みです。低金利の恩恵は借入時から完済まで続いていくため、カードローン選びでは何よりも金利にこだわる必要があるわけです。